人気ブログランキング |

四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

2016年9月3日(土) 十勝岳(標高2077m)

十勝連峰(富良野岳、十勝岳、上ホロカメットク山)登山は2014年から天候に恵まれない。 今年7月の富良野岳~上ホロカメットク山、美瑛岳も花は素晴らしかったが眺望は無かった。 今回も同様で山頂からの眺望は無い・・。下山時にようやく前十勝分岐から擂鉢火口間の火山灰の大地に青空が広がり、どこか異星に居るような気分になった。 「濃霧、晴れ、濃霧、晴れ・・!」と目まぐるしく変わる秋の十勝岳だった。

登り(2時間50分) * 休憩時間を含む。
   望岳台(登山口)⇒(2:00)スリバチ火口⇒(0:50)山頂
下り(2時間55分) 
   山頂⇒(1:05)スリバチ火口⇒(1:50)望岳台(登山口)

6時20分 車窓(富良野)から十勝連峰。好天を期待するが・・。
a0345007_8535858.jpg

7時25分望岳台発  今日も雲に覆われた山頂方向・・・。
a0345007_8542383.jpg

避難小屋、大正火口が少し見えてきた・・。
a0345007_8592720.jpg

避難小屋の内部。(噴火に備えてヘルメット、毛布等が用意されている)
a0345007_913120.jpg

再び濃霧で視界無し。
a0345007_9292.jpg

視界が全くない擂鉢(すりばち)火口付近
a0345007_931829.jpg

平坦ルートで濃霧が消えたが、山頂は隠れたまま・・・。
a0345007_933562.jpg

平坦路から岩場の急登。
a0345007_935385.jpg

岩場のきれいな地層 (上段は線路のよう・・?)
a0345007_95571.jpg

岩場の途中から霧が消え、視界が開けたルートを見下ろす。
a0345007_952220.jpg

10時15分 山頂到着(風が少し有り肌寒い) 
a0345007_99555.jpg

視界まったく無し・・・。 (軽食後10時50分下山)
a0345007_983758.jpg


濃霧が消えた前十勝分岐付近から62-Ⅱ火口、大正火口
a0345007_9131846.jpg

迫力ある62-Ⅱ火口(ズームアップ)
a0345007_9134196.jpg

望岳台から見える大正火口を裏側からズームアップ。
a0345007_91454.jpg

大正火口、グランド火口、擂鉢火口(右)
a0345007_916339.jpg

美瑛富士(中腹)、美瑛岳、鋸岳
a0345007_9171083.jpg

振り返ると山頂が現われた
a0345007_9164787.jpg

登るときに濃霧の擂鉢火口が姿を現わした・・。
a0345007_9173942.jpg

擂鉢火口の奥に美瑛岳
a0345007_918220.jpg

視界が開け、遠くなった山頂方向を一望する。
a0345007_9182595.jpg

避難小屋に続く岩場で再び霧に覆われた。
a0345007_920834.jpg

足元に咲く秋の花。白い真珠(?)シラタマノキ
a0345007_9234815.jpg

a0345007_921287.jpg

エゾオヤマノリンドウ
a0345007_922934.jpg

a0345007_9215119.jpg

a0345007_9223751.jpg

メアカンキンバイ
a0345007_9194453.jpg

コケモモ(実)
a0345007_9185531.jpg

ガンコウラン(実)
a0345007_9191723.jpg

眼下の望岳台は晴れている・・。
a0345007_9272186.jpg

避難小屋付近の紅(黄)葉。大正火口は濃霧に隠れた
a0345007_923686.jpg

青空が広がって大正火口が見えた
a0345007_9242976.jpg

再び、十勝岳、富良野岳方向が隠れた。
a0345007_9253873.jpg

13時45分 下山
a0345007_92606.jpg

美瑛岳だけが笑顔?で見送ってくれた・・・。
a0345007_9245545.jpg



by isachan17 | 2016-09-04 08:51 | Comments(0)