四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

定天(じょうてん:定山渓天狗岳の略称)は4度目。過去3回は紅葉のとき。新緑の季節は初めて。前日までの大雨による泥道とブヨ等の大襲来で悪戦苦闘したが、ガンバッたご褒美に幻の花?「アツモリソウ」に会わせてくれた・・・!

登り:2時間55分 
下り:2時間50分 

定天の雄姿(昨秋10月写す)
a0345007_14253164.jpg

雨が上がりで晴天の「熊の沢登山口」出発。
a0345007_14204512.jpg

花を見ながら平坦な森歩き。(今年、何度も見ている花は省略)
a0345007_1428129.jpg

イチヤクソウ(一薬草)
a0345007_14281822.jpg

初めて見たサカネラン(逆根蘭)
a0345007_14283559.jpg

平坦な道から熊の沢の滑る泥道へ・・。
a0345007_1429067.jpg

オオバミゾホオヅキ(大葉溝酸漿)
a0345007_14293060.jpg

難所の一つ高巻き、へつり。 
a0345007_14294518.jpg
a0345007_14302771.jpg

再び高巻き
a0345007_14313780.jpg

口を開ければブヨ、ヤブ蚊が入るくらいの大襲来を受けながら沢沿いを進む。
a0345007_1432403.jpg

右の岩壁に咲くエゾグンナイフウロ
a0345007_1433237.jpg

急坂もロープも泥だらけ・・。
a0345007_14333380.jpg

道脇に咲くシラネアオイに癒されて・・。
a0345007_1433544.jpg

涸沢を抜けると山頂方向が見えてきた
a0345007_14342143.jpg

頭上の岩壁に咲くエゾグンナイフウロ(蝦夷郡内風露)の大群落
a0345007_1453695.jpg

a0345007_14365490.jpg

a0345007_1434549.jpg

キクバクワガタ(菊葉鍬形)
a0345007_14354254.jpg

ヤマハナソウ(山鼻草)
a0345007_1436856.jpg

定天Ⅱ峰、Ⅲ峰。
a0345007_14351746.jpg

花に元気づけられ最後の難所へ。
a0345007_14372895.jpg

ルンゼ(岩溝)下で咲くミヤマオダマキ(深山苧環)
a0345007_14375932.jpg

サクラソウモドキ(桜草擬)の可愛い花びら
a0345007_14381676.jpg

滑る難所のルンゼ。 花を見る余裕はない・・・。
a0345007_14533936.jpg

a0345007_14384979.jpg

a0345007_1439995.jpg

狭い山頂着。
a0345007_14402824.jpg

眼下のさっぽろ湖、右下に小天狗岳、左に烏帽子岳、神威岳等
a0345007_14393243.jpg

無意根山。羊蹄山は隠れている。
a0345007_14411674.jpg

山頂岩壁にキクバクワガタ(菊葉鍬形)
a0345007_1440028.jpg

2等三角点に別れを告げ下山。
a0345007_15175548.jpg

ルンゼ上の花。 ミヤマアズマギク(深山東菊)とミヤマオダマキ
a0345007_14414577.jpg

a0345007_14452922.jpg

a0345007_14423052.jpg

滑るルンゼ 登り以上に慎重に・・。。
a0345007_144645.jpg

下り終えると余市岳が見える。
a0345007_1443722.jpg

再びエゾグンナイフウロ大群落を観賞
a0345007_14465068.jpg

a0345007_14471486.jpg

ノビネチドリ(延根千鳥)
a0345007_14473911.jpg

初めてのタチカメバソウ(立亀葉草)
a0345007_14481034.jpg


定天では絶滅したと思っていたアツモリソウ(敦盛草)!!
3年前崕山で初めて見て以来の感動!(撮影後、心無い人から守るためにフキの葉で隠す。)
a0345007_1455525.jpg

a0345007_14553375.jpg

a0345007_14561041.jpg

a0345007_14564968.jpg

最後の難所へつりを慎重に下る。
a0345007_14582840.jpg

a0345007_14585625.jpg

無事通過し、森の中へ。
a0345007_14591114.jpg

登山口着 (5月群別岳で痛めた腰も何とか耐えてくれた!!)
a0345007_14264731.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-06-21 22:16 | Comments(0)
濃霧の山道をクマとの遭遇?を懸念しながら登る・・・。
昨年6月20日は山頂から羊蹄山等の眺望を楽しめたが、今日は視界が無く寒い静かな山頂で短い時間過ごす。

(登り:1時間35分、下り:1時間15分)

中山峠から喜茂別町への国道230号線を中岳林道で右折し登山口へ向かう。
a0345007_9212847.jpg

登山口
a0345007_9215246.jpg

出発5分後、ぬかるみの道にまだ新しいクマの足跡・・。
a0345007_922168.jpg

深い笹ヤブにクマが潜んでいるかも・・?
a0345007_9235788.jpg

クマ鈴を鳴らしビクビクしながら歩く・・。
a0345007_9224644.jpg

タケノコが笹ヤブの中に見えるが、足早やに通過・・・。
a0345007_928526.jpg

a0345007_9283117.jpg

柔らかいウドもたくさんあるが・・・。
a0345007_9245826.jpg

見晴台から小喜茂別岳。
a0345007_926664.jpg

山頂は濃霧で隠れている。
a0345007_926234.jpg

大きな雪渓が残っている・・。
a0345007_9304978.jpg

天候回復する気配はない・・・。
a0345007_9291414.jpg

シラネアオイが咲く道
a0345007_9324748.jpg

濃霧の山頂近し・・。
a0345007_932418.jpg

11時30分 喜茂別岳山頂。視界無し。気温12度で寒い!
a0345007_9333334.jpg

中山峠側からの登山者(今日初めて人に会う)。
a0345007_9335716.jpg

ビクビクしながらタケノコを採り、下山。 今日の収穫
a0345007_9511142.jpg


・・咲いていた花・・
雨に濡れて少し透明化したサンカヨウ(山荷葉)
a0345007_9254328.jpg

a0345007_9313486.jpg

クマの好物 ハクサンボウフウ(白山防風)
a0345007_9272450.jpg

チシマフウロ(千島風露)?、エゾグンナイフウロ(蝦夷郡内風露)?
a0345007_9274421.jpg

ハクサンチドリ(白山千鳥)
a0345007_928589.jpg

ツバメオモト(燕万年青)
a0345007_1012236.jpg

少し咲きはじめたエゾイソツツジ(蝦夷磯躑躅)
a0345007_9331285.jpg

a0345007_9344342.jpg

露に濡れたシラネアオイ(白根葵)
a0345007_930391.jpg

ウコンウツギ(鬱金空木)
a0345007_935095.jpg

????
a0345007_934227.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-06-15 18:39 | Comments(2)
貫気別山は、ルスツリゾート(Mt’Iola(イゾラ))にある一等三角点の山。たくさんのシラネアオイ、ハクサンチドリが咲き、山頂から羊蹄山、洞爺湖が見渡せる。山菜(タケノコ、ウド、フキ)も豊富で山菜を採りながら1時間30分位で登れる山。

前日の雨でガスっている林道。
a0345007_16234142.jpg

霧に包まれ幻想的な森・・・。
a0345007_16252183.jpg

道沿いにたくさんのツバメオモト(燕万年青)
a0345007_16255530.jpg

a0345007_16262177.jpg

花びらが濡れるとサンカヨウと同じように透きとおる・・!?
a0345007_16264450.jpg

霧が消えて青空が広がった。
a0345007_1627498.jpg

斜面は、ウド(独活)畑・・。
a0345007_16272446.jpg

笹ヤブのタケノコ、斜面のウド採りをしながらノンビリ・・山頂へ。
a0345007_16274611.jpg

貫気別山山頂(山頂標識は無)。 一等三角点は笹ヤブの中に隠れている。
a0345007_16282598.jpg

a0345007_1628506.jpg

山頂はシラネアオイ(白根葵)、ハクサンチドリ(白山千鳥)のお花畑。
a0345007_16311078.jpg

a0345007_16325133.jpg

a0345007_1633924.jpg

a0345007_16333161.jpg

紫色のハクサンチドリに混じって白色も多く見られる。
a0345007_16291812.jpg

a0345007_16322249.jpg

a0345007_16341570.jpg

a0345007_16305148.jpg

ウドとハクサンチドリが混在している・・。
a0345007_16353578.jpg

羊蹄山が顔を出した。 洞爺湖は霧に隠れて見えず・・・。
a0345007_16295593.jpg

a0345007_1636334.jpg

帰りもウド、フキ、タケノコを採りながら下りる・・。
a0345007_16362211.jpg

山頂方向は青空・・・。
a0345007_1637540.jpg

登山・・? 山菜採りに来たよう・・。
a0345007_16372780.jpg

近くの静かな重兵衛沼に立ち寄る。
a0345007_16374898.jpg

a0345007_1638942.jpg

水面に映える新緑
a0345007_16382585.jpg

沼付近で5分足らずでタケノコをゲット!!
a0345007_16384415.jpg

下山後、留寿都村のアスパラガス畑の中に建つ小さな温泉で汗を流し帰宅。
a0345007_1639745.jpg

a0345007_16392492.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-06-10 16:20 | Comments(0)
国際山岳医 大城和恵医師による「実技で学ぶ遭難予防&応急処置講座」を受講。 山岳遭難を予防する心構え、発生時の適切な対応等を具体的な事例を交えての講義と受講者が2人1組(遭難者、救助者)になり、心臓発作、低体温症、熱中症、怪我の止血法等について具体的な実技を行った。
講義も有意義だったが、実技では、遭難者にどう対応したらよいのか判断できず、いざという時に瞬時の適切な対応がいかに難しいかという事を学んだ。大城講師から今日の体験により万一、山で遭ったときに対応がよりスムーズになるとのこと。このような実技が山で使われないことが一番だが、緊急時に備えて非常に有意義な講座だった。
(受講中の写真禁止のため無し)


a0345007_915586.jpg

a0345007_9161044.jpg

[PR]
by isachan17 | 2016-06-08 22:14 | Comments(0)
いつもは静かな山に「蝉時雨」ならぬ「蝉豪雨」のようなエゾハルゼミの大合唱が響き渡る・・。 この山も春の花が終わり緑濃い山に変わっている。

(登り 1時間、 下り 50分)

10時25分 登山口 
a0345007_16123616.jpg

羽化して間もないハルゼミ・・。羽根の大きさが異なり飛べるのかな・・?
a0345007_16133384.jpg

緑に囲まれた銭天山荘
a0345007_16135444.jpg

ユキザサ(雪笹)(別名アズキナ)の花がたった一つ残っている
a0345007_16141486.jpg

気温が高く暑いが林の中歩きで少し楽チン・・。
a0345007_1615884.jpg

散る時期が近いタニウツギ(谷空木)・・。
a0345007_16154090.jpg

急登の林を抜けると山頂への岩場が見えてきた・・。
a0345007_1615585.jpg

陽気のせいか、エゾハルゼミが近くにたくさん・・。
a0345007_16163757.jpg

a0345007_16222221.jpg

a0345007_16193329.jpg

山頂に連なる岩場に出ると一気に視界が開ける。 前に手稲の山なみ
a0345007_16171796.jpg

日本海の奥に増毛山地、樺戸山地
a0345007_16215928.jpg

増毛山地
a0345007_16201771.jpg

樺戸山地
a0345007_16211347.jpg

高い岩場に何故か、海辺に咲くハマナスが・・?
a0345007_1620382.jpg

a0345007_16205343.jpg


11時22分 山頂到着
a0345007_1618011.jpg

ギョッ!ギョッ!! 山頂標識の岩陰にマムシが・・、踏まなくてよかった!
山頂ではご用心!!  
a0345007_16182574.jpg

12時40分 下山
a0345007_16131070.jpg

登山口付近では初夏の花ニセアカシアが咲いていた。
a0345007_16232210.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-06-07 16:10 | Comments(0)
悪天候などで行きそびれているうちに期待のヤマシャクヤク(山芍薬)も他の花も終り三角山は緑濃い山に変わっていた。

緑がいっそう濃くなった登山口。
a0345007_8401489.jpg

花が終わったヤマシャクヤク・・。残念!!
a0345007_841198.jpg

a0345007_8414019.jpg



残っている花探しをする・・。オドリコソウ(踊子草)
a0345007_8404312.jpg

コケイラン(小蕙蘭)
a0345007_8434922.jpg

オオハナウド(大花独活)
a0345007_841266.jpg

フタリシズカ(二人静)
a0345007_845918.jpg

クサノオウ(草の黄)
a0345007_8432361.jpg

ミツバウツギ(三葉空木)
a0345007_844629.jpg

オオダイコンソウ(大大根草)
a0345007_8423495.jpg

アオチドリ(青千鳥)
a0345007_8442441.jpg

九の坂で一輪見つけた遅咲きのヤマシャク(山芍薬)
a0345007_8453179.jpg

絶滅危惧種のユウシュンラン(祐舜蘭)を数ヵ所で見つけた 
a0345007_8464027.jpg

ダブルのサイハイラン(采配蘭)
a0345007_846574.jpg

山菜の王様と言われているタラの芽
a0345007_8444756.jpg

いつも賑わう山と思えないほど静かな四阿付近
a0345007_8455689.jpg

芦別岳をバックに悠々と浮かんでいる飛行船。「乗ってみたいなぁ~」
a0345007_8461634.jpg

キビタキが求愛のさえずり・・・。
a0345007_8425797.jpg

午後3時過ぎるとうす暗くさびしい登山路(哲学の道)を下る。
a0345007_8471979.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-06-06 17:37 | Comments(0)

山歩き等の記録


by 三角山