四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

朝からの快晴に家でジッとしていられず近場の手稲山へ。気温が高く暑いが、頬に当たる風、キリギリスの鳴く声に近づく秋の気配を感じた・・・。

登山口から青空の山頂。
a0345007_17534252.jpg

登山口近くにツルニンジン(蔓人参)
a0345007_1754345.jpg

・・トリカブト
a0345007_1843872.jpg

オオハンゴンソウ(大反魂草)
a0345007_183125.jpg

キリギリスの鳴く野原にススキの若い穂が・・。
a0345007_17542368.jpg

ヤナギランが終わり、ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)群生の登山道。
a0345007_17545958.jpg

ヤナギランの綿毛(実)に変わっている
a0345007_17583061.jpg

ヤマハハコ(山母子)もたくさん咲いている。
a0345007_17592381.jpg

ヤマイチゴ。子供の頃を思い出す甘酸っぱい味・・。
a0345007_175942100.jpg

日本海の向こうに増毛の山々
a0345007_180292.jpg

石狩湾は先日の台風の影響か、海の色が茶色に・・。(左は南暑寒岳)
a0345007_1759482.jpg

眼下に琴似の高層ビル、遠く奥に夕張岳、芦別岳
a0345007_17575753.jpg

山頂 (1等三角点)
a0345007_17561181.jpg

快晴の静かな山頂。定山渓天狗岳、遠くに羊蹄山
a0345007_1755499.jpg

a0345007_17552768.jpg

眼下の日本海と銭函天狗山
a0345007_1757443.jpg

トンボものんびりと・・。背景は銭函天狗山
a0345007_17564923.jpg

「団体様」到着で一気に賑やかに・・! 早々に下山。
a0345007_17572485.jpg



(付録: 今日の旭岳の様子)
娘夫婦が日帰りで旭岳に行った。同行したかったが、早朝4時出発とのこと。前日深夜帰宅なので残念だがあきらめた。 娘から下山途中に姿見の池付近に架かる虹写真を送ってきた。珍しい写真なのでアップした。
a0345007_1021890.jpg

a0345007_10212223.jpg



[PR]
by isachan17 | 2016-08-28 18:25 | Comments(0)
今年で40回目という「夜高あんどん祭り」を初めて見る。重さ5トンの巨大で煌びやかな「あんどんの山車(だし)」を100人近い若い衆が「ヨイヤサー! ヨイヤサー!」と掛け声をかけながら町内を練り歩く様は見応えがある。祭りの最後に山車同士がぶつかり合う勇壮な「喧嘩あんどん」の迫力に魅せられ、北国の短い夏の夜のひとときを楽しんだ。
a0345007_18261517.jpg

沼田小学校の子供達は金賞受賞で笑顔の記念写真。
a0345007_17452012.jpg

18時30分 あんどん行列のスタート。
a0345007_17454762.jpg

沼田小学校
a0345007_17463566.jpg

a0345007_1747992.jpg

銀賞の沼田中学校
a0345007_17473228.jpg

町役場、町商工会、JA、自衛隊の大型あんどん
「ヨイヤサー! ヨイヤサー!」の掛け声で威勢よく、練り歩く!
a0345007_1748295.jpg

a0345007_17482187.jpg

a0345007_17484751.jpg

a0345007_1749342.jpg

a0345007_17492736.jpg

a0345007_17494262.jpg

重さ5トンの山車を引く若い衆の「ヨイサー!ヨイヤサー!」の威勢の良い声・・、
a0345007_1750433.jpg

a0345007_17511575.jpg

a0345007_17513469.jpg


祭りの最後のイベント 「あんどんのぶつかり合い対決」の始まり! 
(人の波で遮られ、迫力あるぶつかり合いの場面撮れず・・残念!)
a0345007_17515423.jpg

a0345007_17521799.jpg

a0345007_17523371.jpg

左のあんどん前(右側)部分が壊された
a0345007_17524823.jpg

a0345007_17533245.jpg

ぶつかり合い終了後、再び、町内を練り歩く
a0345007_17535233.jpg


今年は2日間で5万4千人の観客が楽しんだそう・・。町の人口が3200人余だからすごい数。一番多い時は13万5千人(1995年)の観客というから驚き・・。北海道でなかなか見られない一見の価値あるお祭り。
今夜はNHK大河ドラマ「真田丸」出演の草刈正雄、中島亜梨紗がゲストで来ていた・・。


[PR]
by isachan17 | 2016-08-28 18:23 | Comments(0)

先週から北海道に3つの台風が襲来、各地で交通網及び農作物等に甚大な被害をもたらした。台風一(三)過で久しぶりの快晴で蒸し暑い。明日夜から再び雨予報なので晴れの合間に藻岩山へ。8月に登るのは8年ぶり・・。トリカブト等の秋の花を期待したが少し早かったよう・・・。

(登り 1時間15分 、下り 1時間)

旭山公園駐車場(下)発
a0345007_1852044.jpg

前夜の雨が登山道を流れている
a0345007_1854162.jpg

濃い緑一色の登山道。
a0345007_1865890.jpg

T6(小林峠)分岐。木の葉で遮られ山頂が見えず・・。
a0345007_1872619.jpg

T6を少し下りた所から山頂。
a0345007_187442.jpg

山頂到着。3ヵ月ぶり「水かけ観音様」に参拝
a0345007_188356.jpg

藻岩山「3等三角点」
a0345007_1882317.jpg

秋の空が広がっている屋上。
a0345007_1891950.jpg

a0345007_1894325.jpg

屋上で子供たちが楽しそう・・。
a0345007_1884723.jpg

恵庭岳等の支笏湖方向の山
a0345007_1895697.jpg

砥石山等近くの山
a0345007_18102275.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-08-24 18:17 | Comments(0)
山頂駅(標高1185m)は気温17度で風が少しあり涼しい。絶好の山日和。山頂から360度の眺望と青空に映える「秘密の花園」を楽しむ・・。

登り:1時間50分 、下り:1時間40分  (ゴンドラ山頂駅~余市岳山頂往復)   

快晴のゴンドラ駅から秋の空を思わせる山頂方向。
a0345007_9584851.jpg

山頂駅から余市岳。チョットだけ頭を出している羊蹄山(右奥)
a0345007_9593645.jpg

登山口発 (山頂まで4㎞ 標高差300m)
a0345007_100114.jpg

500mごとに標識がある平坦な登山道。
a0345007_1002936.jpg

定山渓側への分岐点。平坦路が終わり余市岳への登りが始まる
a0345007_1012993.jpg

a0345007_10214635.jpg

登ってきた道を振り返る。 (正面に樹氷(モンスター)の朝里岳)
a0345007_10282617.jpg

ケルンからの眺望 
a0345007_1082967.jpg

山頂は目の前・・。
a0345007_1055376.jpg

秋の花 エゾオヤマノリンドウ(蝦夷御山竜胆)
a0345007_1072198.jpg

コケモモ(苔桃)の実に早い秋の気配・・。 
a0345007_1045582.jpg

山頂到着  
a0345007_1061970.jpg

羊蹄山をはじめ周囲の海、山がよく見える。
a0345007_109672.jpg

a0345007_1065696.jpg

a0345007_107506.jpg

a0345007_1131837.jpg

秋の花が咲きはじめたが、この花園はまだまだ夏の花盛り!
チングルマ(稚児車) 奥に羊蹄山
a0345007_10414043.jpg

エゾツガザクラ(蝦夷栂桜)
a0345007_1013231.jpg

a0345007_10123972.jpg

奥に定山渓天狗岳
a0345007_10132465.jpg

アオノツガザクラ(青栂桜)
a0345007_10121912.jpg

a0345007_10104129.jpg

a0345007_10113221.jpg

エゾカンゾウ(蝦夷甘草)
a0345007_10142242.jpg

a0345007_10134296.jpg

a0345007_1014136.jpg

ミヤマキンバイ(深山金梅)
a0345007_10115448.jpg

a0345007_10514852.jpg

ユキワリコザクラ(雪割小桜)
a0345007_101022100.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-08-15 10:19 | Comments(0)
昨日は初めての「山の日」。山頂はさぞかし賑やかだったろう・・。今日は静かだが30℃を越す猛暑の「山の日」記念の手稲山登山。

登り(2時間20分) * 休憩時間を含む。
平和の滝登山口⇒(0:50)布敷きの滝⇒(1:30)山頂
下り(1時間50分) 
山頂⇒(1:00)布敷きの滝⇒(0:50)平和の滝登山口

雪で潰れた?平和の滝登山口ゲート
a0345007_2091922.jpg

スタート時は木漏れ日の林道で少しだけ涼しい・・?
a0345007_2094643.jpg

トリカブトが咲いている。もう秋の気配・・。
a0345007_20103070.jpg

水枯れの砂防ダム
a0345007_20151721.jpg

涼し気な布敷きの滝
a0345007_20105442.jpg

ガレ場  木が生い茂り視界は良くない。
a0345007_2011157.jpg

ケルン
a0345007_20134474.jpg

山頂  昨日の「山の日」表示が残っている。
a0345007_20113626.jpg

静かな山頂 定山渓天狗岳 羊蹄山は見えず・・。
a0345007_20115744.jpg

a0345007_20141448.jpg

銭函天狗山 銭函海岸
a0345007_20121832.jpg

烏帽子岳
a0345007_20123950.jpg


下山後、平和の滝で涼を求める・・・。
a0345007_20251336.jpg




[PR]
by isachan17 | 2016-08-13 20:26 | Comments(0)
山名は「大平」だが、¨平らな個所¨はほとんどない。道らしいのは登山口からブナ林まで、それから山頂までは、背丈が隠れる密林のような草、笹ヤブ、ハイ松で足元が見えない登りが続く。 しかし、苦労したご褒美は第2ピーク東斜面で待っていた! 日本の「エーデルワイス」、オオヒラウスユキソウ(大平薄雪草)をはじめ、たくさんの花が迎えてくれ疲れが吹き飛ぶ! 花に力を貰い、再び、笹ヤブ、ハイ松と格闘?しながら道なき道を進み山頂に立つことが出来た。 

登り(4時間50分) * 休憩時間を含む。
登山口⇒(2:00)第1ピーク⇒(0:45)第2ピークコル⇒(1:15)第3ピーク⇒(0:10)山頂
下り(3時間10分) 
山頂⇒(0:10)第3ピーク⇒(0:40)第2ピークコル⇒(0:40)第1ピーク⇒(1:40)登山口

大平山(狩場山から)  左奥に羊蹄山
(参考) 2012年8月30日狩場山 http://isa9.exblog.jp/18635944/
a0345007_20251136.jpg


*** 8月2日(火) ***
河鹿トンネル付近でテント泊 (夕食準備中)
a0345007_2043726.jpg

夕食は「石狩沢」のイワナ唐揚げ、ブタ汁、野菜サラダ等でビールが進む・・。
a0345007_205816.jpg

a0345007_2052995.jpg


*** 8月3日(水) ***
5時45分 登山口発
a0345007_20182416.jpg
 
うっそうとした森。湿度が高く全身汗まみれ。おまけはヤブ蚊、アブの攻撃・・。
a0345007_2062694.jpg

初めて見るウワバミソウ(通称「ミズ」) 名前の通り、水分たっぷり・・・。
秋田では「山菜の王様」とのこと。
a0345007_11595665.jpg

1時間ほど登ると濃い霧のブナ林に
a0345007_2064966.jpg

ブナ林を抜けると視界が開けるが、深い笹、雑草で足元が見えないので滑落に注意
a0345007_2071051.jpg

遠くに狩場山(右奥)が見える
a0345007_2083914.jpg

珍しいカタツムリ 「カドバリヒメマイマイ」がたくさんいる。
a0345007_2073078.jpg

(参考 2012年8月30日狩場山)
同じ島牧村にある狩場山の「ブドウマイマイ」と形、色、大きさも全く違う。
a0345007_20881.jpg

7時45分 第1ピーク(標高810m)。バテ気味・・!? 正面に急峻な第2ピーク!
a0345007_2010383.jpg

第1ピークから一旦下り、第2ピークを目指す。
a0345007_2012571.jpg

第2ピーク(標高1109m)石灰岩地帯(お花畑)を目指す。
a0345007_7112081.jpg

岩場にたくさんのオオヒラウスユキソウ(大平薄雪草)
a0345007_7393231.jpg

a0345007_7445755.jpg

a0345007_7403473.jpg

a0345007_745192.jpg

a0345007_740947.jpg

オオヒラウスユキソウいろいろ・・。 
a0345007_7424236.jpg

a0345007_7434999.jpg

a0345007_7425864.jpg

a0345007_743123.jpg

a0345007_1228583.jpg

a0345007_7443485.jpg

水滴の花が一輪のみ・・。
a0345007_7501649.jpg

タカネナデシコ(高嶺撫子)
a0345007_11322415.jpg

エゾシオガマ(蝦夷塩釜)
a0345007_1133198.jpg

ウツボグサ(靫草)
a0345007_11461131.jpg

ヤマルリトラノオ(山瑠璃虎尾)
a0345007_1133454.jpg

イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
a0345007_1205672.jpg

a0345007_11342877.jpg

イブキトラノオ(伊吹虎尾)
a0345007_11352565.jpg

トウゲブキ(峠蕗)
a0345007_11325469.jpg

再び深いヤブを縫って山頂を目指す。正面は第3ピーク
a0345007_12322220.jpg

第3ピーク(標高1180m)。正面の深い笹ヤブ、ハイマツを掻き分け山頂(正面)へ。
a0345007_8351788.jpg

10時26分 大平山山頂(標高1190.7m)着
a0345007_8234056.jpg

遠くかすかに狩場山を望む・・。
a0345007_8244769.jpg

たくさんのエーデルワイスに囲まれて・・・、
映画「サウンド・オブ・ミュージック」を思い出す・・。
a0345007_8254574.jpg

a0345007_821634.jpg

a0345007_8263155.jpg

a0345007_826924.jpg

イワナにも美しい花を見せる・・・?
a0345007_8202868.jpg

11時20分 下山 正面は第3ピーク
a0345007_834425.jpg

花いっぱいだが、「足元不安定」でよそ見が出来ない・・。
a0345007_12533643.jpg

苦労して登った花の山、下山が惜しくて、第2ピークお花畑でゆっくり写真撮り
a0345007_11371100.jpg

a0345007_1229626.jpg

a0345007_12294325.jpg

トウゲブキ、イブキトラノオ、ヤマルリトラノオ
a0345007_11415821.jpg

a0345007_11433548.jpg

a0345007_11445388.jpg

眼下に第1ピーク。 狩場山が雲の中に少しだけ・・。
a0345007_11442321.jpg

第1ピーク。下りてきた第2ピークを振り返る。
a0345007_1232067.jpg

草付の長い斜面を慎重に下る
a0345007_12312615.jpg

登山口着
a0345007_2055478.jpg



登山口から急登で滑る道。丈の長い草、笹ヤブが生い茂り、足元が見えず・・。山頂への道もハイ松が深くて全身を使っての登るタフな山だった。また、カメラが暑さ湿気等で途中で使えず残念だったが、なかなか見られない花をたっぷり見られて山頂に立てた。嬉しく思い出に残る山の一つになった。

(参考)2013年7月6日早池峰山(http://isa9.exblog.jp/20485549/)
 早池峰山はウスユキソウを初めて見た山。大平山は花の数が多いのに驚く。  


[PR]
by isachan17 | 2016-08-04 20:02 | Comments(0)

山歩き等の記録


by 三角山