四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9月に入り3回目の大雪山。遅れていた紅葉は赤岳銀泉台が見ごろになった。19日の北鎮岳は晴天だが気温は低く少し寒かった。今日は気温も高く風も無く暖かい日和。白雲岳からは錦絵のような景色が見られ、今年最後?の大雪山を楽しんだ。
おまけは、帰路、高速道路を札幌に向けて走行中、偶然、「隕石」と思われる「火の球」が落ちるのを見ることができた。(後日、車載カメラが捉えた画像をテレビ報道)

(登り 3:45)  登り、下り時間に休憩を含む。
 銀泉台⇒(0:50)第1花園⇒(0:40)コマクサ平⇒(1:05)赤岳⇒
 (0:30)白雲分岐⇒(0:35)白雲岳
(下り 2:50)
 白雲岳⇒(0:30) 白雲分岐⇒(0:25)赤岳⇒(0:50)コマクサ平⇒
 (0:30)第1花園⇒(0:3 0)銀泉台


8:10 駐車場発 (「車乗り入れ禁止」解除されたの最初の土曜日で駐車場大混雑)
a0345007_16322233.jpg

色づいた第1花園が(右前方)に少し見える
a0345007_7314412.jpg

8:25 登山口
a0345007_16325230.jpg

第1花園 紅葉は一番の見ごろ! 奥にニセイカウシュッペ山
a0345007_16331386.jpg

a0345007_16334140.jpg

a0345007_1634281.jpg

第1花園の鮮やかなナナカマド
a0345007_17131899.jpg

屏風岳、武利岳、武華山
a0345007_16343012.jpg

眼下に登山口へ向かうたくさんの車。 駐車場満車!どこに停めるのだろう・・?
a0345007_16351052.jpg

第2花園に行く途中のナナカマドは残念ながら葉が散っている・・。
a0345007_1715342.jpg

朝露に濡れた紅葉前のナナカマドもあるが・・。
a0345007_16364897.jpg

奥の平付近
a0345007_16372389.jpg

コマクサ平へのチングルマ紅葉路
a0345007_16383588.jpg

チングルマの綿毛が揺れる秋大雪・・。
a0345007_16375572.jpg

コマクサ平から赤岳等の山々。
a0345007_16401245.jpg

すそ野の紅葉に陽が当たっている東岳
a0345007_16404649.jpg

ナナカカマドの紅葉路
a0345007_16412979.jpg

a0345007_1642586.jpg

第3雪渓。斜面上部の紅葉を期待していたが、残念・・。
a0345007_1641945.jpg

下の方は紅葉が見ごろ・・。
a0345007_16422685.jpg

第3雪渓の岩場路から第4雪渓を目指す。
a0345007_1643258.jpg

紅葉のチングルマのそばに咲いたばかりのチングルマ。
a0345007_17144693.jpg

遅咲きのメアカンキンバイ、アオノツガザクラも・・。(雪が降るというのに・・)
a0345007_16452411.jpg

第4雪渓を越えると赤岳は目の前! 5日前に登った北鎮岳(右)
a0345007_16462126.jpg

10時35分 赤岳到着。大勢の人で賑ぎやか・・。
a0345007_16585713.jpg

凌雲岳、烏帽子岳、黒岳
a0345007_16564639.jpg

後旭岳、旭岳(雲)、荒井岳、北海岳、北鎮岳
a0345007_1658690.jpg

白雲岳、後旭岳、旭岳。
a0345007_16573086.jpg

小泉岳、白雲岳
a0345007_16583087.jpg

15分休んで次の白雲岳へ向かう
a0345007_16593014.jpg

小泉岳分岐から白雲岳
a0345007_170062.jpg

白雲岳火口跡から山頂
a0345007_170251.jpg

11時55分 白雲岳到着  旭岳方向
a0345007_1765231.jpg

a0345007_171477.jpg

山肌にハイ松と砂礫と紅葉の縞模様・・。
a0345007_1751437.jpg

来年夏には残雪が創りだすゼブラ模様を見たい・・。
a0345007_176225.jpg

小旭岳の池塘が錦絵のように美しい・・。
a0345007_1722348.jpg

a0345007_91333.jpg

安足間岳、比布岳、北鎮岳、(北海岳)、凌雲岳
a0345007_1743574.jpg

高根ヶ原、忠別岳方向。 トムラウシ山は雲に隠れている。
a0345007_1771940.jpg

静かな山頂ですばらしい景色を見ながらゆっくり食事! (40分滞在)
a0345007_173583.jpg

12時35分下山 一期一会の感動の景色に去りがたい想い・・・。
a0345007_1774211.jpg

雪降る前の山々を眺めながら下る。(19日に白雲小屋では既に雪が降ったそう・・。)
a0345007_1781860.jpg

a0345007_1792989.jpg

a0345007_1710045.jpg

赤岳は通過。
a0345007_1710249.jpg

第3雪渓上から屏風岳(ズームアップ)
a0345007_17105420.jpg

第3雪渓下の紅葉を見納め・・。
a0345007_17112024.jpg

14時50分 第1花園着  白雲岳からノンストップ(2時間15分)。
ナキウサギが草をくわえて越冬準備するのを見つけるが、写真撮れず・・!
a0345007_17414434.jpg

第1花園に雲がかかってきた。
a0345007_17135922.jpg

15時20分 下山  秋晴の大雪山を楽しんだ1日・・。
a0345007_17141856.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-09-25 16:29 | Comments(0)
大雪山は寒さが増し,遅れていた紅葉が進んだ様子なので層雲峡から黒岳、北鎮岳へ行く。黒岳北東斜面は少し色づいてきている。雲の平はチングルマ、ウラシマツツジ、ナナカマドなどがの紅葉が最高の見ごろ。 今年の十勝連峰、大雪山は濃霧で眺望はほとんどダメだったが、今日は快晴の下、紅葉と山の眺望をたっぷり楽しんだ。

登り(3時間15分) * 休憩時間を含む。
7合目(登山口)⇒(0:50)黒岳⇒(1:45)北鎮岳
下り(2時間55分) 
北鎮岳⇒(1:45)黒岳⇒(0:50)7合目(登山口)

層雲峡駅の気温表示(黒岳石室が零下2℃)
a0345007_1723474.jpg

5合目リフト乗り場から色づいてきた黒岳
a0345007_1724543.jpg

a0345007_1724394.jpg

7合目登山口
a0345007_1725221.jpg

紅葉の登山口を発つ
a0345007_17262025.jpg

向かい側のニセイカウシュッペ山はまだ雲に隠れている
a0345007_1727543.jpg

眼下の紅葉。人の姿が見える。
a0345007_17281344.jpg

色づきはじめた「まねき岩」付近
a0345007_17283069.jpg

青空に映えるナナカマドの実
a0345007_17284753.jpg

足元には鮮やかなオトギリソウの葉
a0345007_172937.jpg

黒岳山頂。次の山、北鎮岳が中央奥に見える。
a0345007_1729202.jpg

山頂から烏帽子岳(左)、白雲岳(正面)
a0345007_17294195.jpg

眼下に、雲の平、北鎮岳、凌雲岳、黒岳石室
a0345007_17302078.jpg

山頂から石室へ向かう道はウラシマツツジの紅葉
a0345007_1730416.jpg

下り途中から黒岳山頂
a0345007_17313170.jpg

a0345007_173128.jpg

旭岳から自転車を担いで来たという若者にビックリ!
a0345007_1731566.jpg

黒岳石室分岐  北鎮岳、凌雲岳
a0345007_17322837.jpg

黒岳石室(正面に桂月岳)
a0345007_1732542.jpg

紅葉真っ盛りの雲の平。 黒岳
a0345007_17334699.jpg

ナナカマドと烏帽子岳
a0345007_1733272.jpg

チングルマの綿毛と紅葉が創り出す草原の川が流れている・・・・。 烏帽子岳
a0345007_1734148.jpg

雲の平あちらこちら・・・。
a0345007_17352425.jpg

a0345007_17362596.jpg

北海岳
a0345007_17354530.jpg

お鉢平展望台
a0345007_1736464.jpg

ウラシマツツジの鮮やかな赤色
a0345007_1737568.jpg

北鎮分岐から北鎮岳
a0345007_17372295.jpg

青空の北鎮岳山頂。晴れているが気温4℃で寒い。
a0345007_17375838.jpg

愛別岳方向は雲の中
a0345007_17382176.jpg

山頂表示板に霜柱が残っている
a0345007_1738372.jpg

お鉢平方向
a0345007_17385774.jpg

錦絵をみるような素晴しい裾合平・・。大塚(右) 
a0345007_17391421.jpg

中岳温泉から裾合平へ下りたい衝動にかられる・・・。
a0345007_17393278.jpg

見事なチングルマの紅葉路。
a0345007_17394828.jpg

北鎮岳から下山途中のお鉢斜面の紅葉
a0345007_17401439.jpg

お鉢の中の紅葉
a0345007_17412068.jpg

黒岳が雲の中から現われた。黒岳石室、テント場も見える。
a0345007_1740315.jpg

ウラシマツツジの紅葉を楽しみながら黒岳へ戻る。
a0345007_17415142.jpg

ウラシマツツジ
a0345007_17424317.jpg

ナナカマドの奥に凌雲岳、桂月岳、黒岳
a0345007_17432135.jpg

紅葉に負けずとミヤマリンドウの青色!
a0345007_17433584.jpg

クロウスゴの紅葉
a0345007_1744284.jpg

甘酸っぱいクロウスゴの実
a0345007_17471658.jpg

ナナカマド
a0345007_17443017.jpg

お鉢を流れる赤石川
a0345007_17444676.jpg

紅葉を楽しむ家族連れ
a0345007_1745267.jpg

a0345007_17452247.jpg

隠れていたニセイカウシュッペ山、アンギラスが現われた。
a0345007_17453992.jpg

小泉岳、北海岳
a0345007_17513047.jpg

烏帽子岳、赤岳、小泉岳
a0345007_17461862.jpg

a0345007_1750745.jpg

凌雲岳
a0345007_17492691.jpg

a0345007_1746358.jpg

チングルマ
a0345007_17465485.jpg

a0345007_17474136.jpg

チングルマの綿毛
a0345007_17503264.jpg

a0345007_1750495.jpg

黒岳石室分岐に戻って来た。
a0345007_17515815.jpg

黒岳への登り
a0345007_17525199.jpg

黒岳山頂神社に参拝し下山。
a0345007_1753658.jpg

まねき岩付近
a0345007_17532956.jpg

向かい側のニセイカウシュッペ山、アンギラス、平山
a0345007_17535351.jpg

7合目登山口着  この後、小雨が降ってきた
a0345007_17541716.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-09-20 17:21 | Comments(0)
一昨夜(15日)は中秋の名月だが、真の満月は今夜である。曇り空が続いていたが、昨夜も運良く丸い月を見ることができた。今夜も厚い雲に覆われていたのに突然、真の満月が姿を見せてくれた。まるで今日の〇〇歳誕生日を祝ってくれるかのように・・・!?

今夜(17日) 19時40分  真の満月!
a0345007_21145458.jpg

数分前に雲の中から・・
a0345007_21143499.jpg


前夜(16日) 21時15分  満月に見えるけど・・
a0345007_21141286.jpg

 

[PR]
by isachan17 | 2016-09-17 21:17 | Comments(0)
日中は曇り、夕方も雨で月を見るのを難しいと思っていたら、夜に雨が上がり、雲が切れて十五夜の月を見ることができた。

19時30分頃 雲の間から月が顔を見せてくれた!
a0345007_17502611.jpg

a0345007_17504165.jpg


20時50分頃  満月に見えるが真の満月は2日後の9月17日とのこと。
a0345007_17505469.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-09-15 23:49 | Comments(0)
毎年、登っている大雪山。今年は天候、諸般の事情で行けずにいたらもう秋・・・。
中岳温泉~裾合平のチングルマの広大なお花畑を見られなかったのが心残り・・・。 
草もみじを期待し旭岳、裾合平へ行くが、濃霧、霧雨で視界が無く、紅葉も遅れていて残念! 雪が来る前に再度訪ねたい・・・.。

登り:姿見駅⇒(1:55)旭岳
下り:旭岳⇒(1:05)姿見の池
    (裾合平へ向かうが小雨のため途中から姿見駅に戻る)


天気予報が外れ、予想外の快晴・・!?
旭岳周辺の紅葉ははナナカマドが少し色づいている程度・・。
a0345007_1382317.jpg

姿見の池から旭岳
a0345007_13111721.jpg

池に映る旭岳
a0345007_13122240.jpg

6合目付近から姿見駅、姿見の池方向を振り返る
a0345007_13124043.jpg

連日の台風等の影響で旭岳南側の裾平に出現した湿原・・。
a0345007_13125846.jpg

山頂方向
a0345007_13132065.jpg

8合目付近で濃霧に包まれて消えた山頂・・!以後下山まで
a0345007_13133979.jpg

金庫岩
a0345007_13145739.jpg

濃霧で視界が全く無い山頂。またしても天候に恵まれず。(昼食後下山)
a0345007_13151721.jpg


濃霧の姿見の池に戻る
a0345007_1315465.jpg

美しい山容を映していた水面はどこに・・?
a0345007_13162188.jpg

視界の無い裾合平へ向かうが・・・。
a0345007_1316372.jpg

登山道脇に熟したガンコウランの実がいっぱい!
a0345007_1317874.jpg

コケモモの実
a0345007_1318823.jpg

シラタマノキの実
a0345007_13182688.jpg

露に濡れているチングルマ
a0345007_1321557.jpg

幻想的な鏡池・・。
a0345007_13204229.jpg

エゾオヤマノリンドウのお花畑
a0345007_13185250.jpg

a0345007_13191974.jpg

a0345007_13193721.jpg

珍しい白色等の花が数輪
a0345007_13195846.jpg

a0345007_13201730.jpg

小雨が降ってきた・・。残念だが裾合平行きを中止して姿見駅に戻る。
a0345007_13292954.jpg

駅周辺に唯一色づいているナナカマド
a0345007_13213711.jpg

姿見の駅。
a0345007_13223959.jpg


[PR]
by isachan17 | 2016-09-15 13:07 | Comments(0)
残雪期の山肌に現れる様々な雪の形は想像力を膨らませて山歩きを楽しませてくれる。
おもしろい雪形を見つけた時は「雪形フォトコンテスト」にときどき応募している。

2016年 優秀賞  (「エゾユキウサギ」2015年8月 大雪山高根ヶ原)
*今年は最優秀賞は該当なし
a0345007_1715493.jpg

(賞品:入選した雪形をプリントしたTシャツ  11月4日受領)
a0345007_1073463.jpg




*過去の応募写真
2015年 (選外)     (「スヌーピーのお散歩」2015年6月 積丹岳)
a0345007_1713647.jpg


2011年 最優秀賞  (「羊の親子」 2011年6月 幌天狗 )
a0345007_1711836.jpg

a0345007_1723211.jpg


2010年 優秀賞  (「キタキツネの山登り」 2009年7月 安政火口)
a0345007_1705459.jpg

a0345007_1725425.jpg

[PR]
by isachan17 | 2016-09-11 17:13 | Comments(0)

2016年9月11日  写真展

20年前に職場関係の写真好き4人が近所の喫茶店で始めた写真展は今年も開催(9月1日~15日)することができた。しかし、20回目を迎えた今回を最後に終了することになった。ささやかな写真展だが20年続けられたことに感慨深いものがある。毎年、写真展に足を運んでいただいた方々に心から感謝したい。
来年以降は形を変えて、再び写真展を開きたいと思っている・・!?

会場の様子 


a0345007_16191931.jpg

a0345007_16194990.jpg
a0345007_1620723.jpg
a0345007_16202557.jpg

[PR]
by isachan17 | 2016-09-11 16:23 | Comments(0)
十勝連峰(富良野岳、十勝岳、上ホロカメットク山)登山は2014年から天候に恵まれない。 今年7月の富良野岳~上ホロカメットク山、美瑛岳も花は素晴らしかったが眺望は無かった。 今回も同様で山頂からの眺望は無い・・。下山時にようやく前十勝分岐から擂鉢火口間の火山灰の大地に青空が広がり、どこか異星に居るような気分になった。 「濃霧、晴れ、濃霧、晴れ・・!」と目まぐるしく変わる秋の十勝岳だった。

登り(2時間50分) * 休憩時間を含む。
   望岳台(登山口)⇒(2:00)スリバチ火口⇒(0:50)山頂
下り(2時間55分) 
   山頂⇒(1:05)スリバチ火口⇒(1:50)望岳台(登山口)

6時20分 車窓(富良野)から十勝連峰。好天を期待するが・・。
a0345007_8535858.jpg

7時25分望岳台発  今日も雲に覆われた山頂方向・・・。
a0345007_8542383.jpg

避難小屋、大正火口が少し見えてきた・・。
a0345007_8592720.jpg

避難小屋の内部。(噴火に備えてヘルメット、毛布等が用意されている)
a0345007_913120.jpg

再び濃霧で視界無し。
a0345007_9292.jpg

視界が全くない擂鉢(すりばち)火口付近
a0345007_931829.jpg

平坦ルートで濃霧が消えたが、山頂は隠れたまま・・・。
a0345007_933562.jpg

平坦路から岩場の急登。
a0345007_935385.jpg

岩場のきれいな地層 (上段は線路のよう・・?)
a0345007_95571.jpg

岩場の途中から霧が消え、視界が開けたルートを見下ろす。
a0345007_952220.jpg

10時15分 山頂到着(風が少し有り肌寒い) 
a0345007_99555.jpg

視界まったく無し・・・。 (軽食後10時50分下山)
a0345007_983758.jpg


濃霧が消えた前十勝分岐付近から62-Ⅱ火口、大正火口
a0345007_9131846.jpg

迫力ある62-Ⅱ火口(ズームアップ)
a0345007_9134196.jpg

望岳台から見える大正火口を裏側からズームアップ。
a0345007_91454.jpg

大正火口、グランド火口、擂鉢火口(右)
a0345007_916339.jpg

美瑛富士(中腹)、美瑛岳、鋸岳
a0345007_9171083.jpg

振り返ると山頂が現われた
a0345007_9164787.jpg

登るときに濃霧の擂鉢火口が姿を現わした・・。
a0345007_9173942.jpg

擂鉢火口の奥に美瑛岳
a0345007_918220.jpg

視界が開け、遠くなった山頂方向を一望する。
a0345007_9182595.jpg

避難小屋に続く岩場で再び霧に覆われた。
a0345007_920834.jpg

足元に咲く秋の花。白い真珠(?)シラタマノキ
a0345007_9234815.jpg

a0345007_921287.jpg

エゾオヤマノリンドウ
a0345007_922934.jpg

a0345007_9215119.jpg

a0345007_9223751.jpg

メアカンキンバイ
a0345007_9194453.jpg

コケモモ(実)
a0345007_9185531.jpg

ガンコウラン(実)
a0345007_9191723.jpg

眼下の望岳台は晴れている・・。
a0345007_9272186.jpg

避難小屋付近の紅(黄)葉。大正火口は濃霧に隠れた
a0345007_923686.jpg

青空が広がって大正火口が見えた
a0345007_9242976.jpg

再び、十勝岳、富良野岳方向が隠れた。
a0345007_9253873.jpg

13時45分 下山
a0345007_92606.jpg

美瑛岳だけが笑顔?で見送ってくれた・・・。
a0345007_9245545.jpg



[PR]
by isachan17 | 2016-09-04 08:51 | Comments(0)

山歩き等の記録


by 三角山