四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今年初の山菜採り。山頂は目指さず中腹の雪に埋もれた沢沿いを歩く。沢の急斜面で芽生えたばかりの行者ニンニクを大量に収穫し、大満足のGW初日。

登山口を発つ
a0345007_12222247.jpg
 
雪が消えた林道。雨予報が外れて快晴、ラッキー!
a0345007_12224218.jpg

暖かい陽射しの道路脇に咲くフキノトウ
a0345007_12231263.jpg

1時間歩くと雪道になる・・
a0345007_1224156.jpg

軽アイゼンを着けて沢に入る準備中・・。
a0345007_12242440.jpg

沢を登る。水の流れが速いので踏み抜け注意!
a0345007_1225261.jpg

「獲物」は左岸急斜面に生えているが・・。滑落すると下は・・!?
a0345007_12252487.jpg

斜面上部に行者ニンニクの群生!
a0345007_12274636.jpg

足元が不安定で掴るものが無い・・。
a0345007_1226593.jpg

食べごろがいっぱい!!
a0345007_12281713.jpg

滑落しないように手足を踏ん張って・・!
a0345007_12352136.jpg

晴天の下、大収穫に満足し下山。
a0345007_12284672.jpg

食べごろがこんなにたくさん!! 
a0345007_12294524.jpg

アスパラガスのように太くて柔らかい若芽・・。焼き肉に最高の美味!
a0345007_1230993.jpg


[PR]
by isachan17 | 2017-04-30 12:03 | Comments(0)
旭川市の男山自然公園、北邦野草園(嵐山公園)、浦臼町の浦臼神社を訪ね,旬の花を楽しむ。

1 男山自然公園
旭川市の北、標高220mの森林地帯(面積32ha)に広がる道内最大級のカタクリの群生地。 雨上がりでカタクリが全て開花していないのが少し残念だが広大なお花畑に圧倒される!

案内標識
a0345007_20431838.jpg


広い敷地いっぱいのカタクリ、エゾエンゴサクの花
a0345007_2046376.jpg

a0345007_20444577.jpg

a0345007_20451038.jpg

a0345007_20454243.jpg


花いろいろ・・。
a0345007_20464443.jpg

a0345007_20472238.jpg

a0345007_20474994.jpg

a0345007_20481361.jpg

a0345007_2054684.jpg

白い花が一輪
a0345007_20485992.jpg

エゾエンゴサクと美の競演?
a0345007_20501941.jpg

a0345007_20504289.jpg

鶴が舞うよう華麗に・・・。
a0345007_20521915.jpg

a0345007_20512983.jpg

a0345007_20524049.jpg

a0345007_20544527.jpg

羽を休めた3羽の鶴・・?
a0345007_20534479.jpg

フクジュソウ
a0345007_20552633.jpg


2 北方野草園(嵐山公園)
旭川市の中心部から西方約7kmの標高253mの山。明治期に開拓使が京都の嵐山に似ていることから名付けたとされている。
旭川に居た1960年代には、よくこの山へ遊びに来た懐かしい場所でもある。

嵐山の麓、石狩川支流のオサラッペ川(以前は吊り橋が架かっていた)
a0345007_10472449.jpg

1972年開設された北方野草園。
a0345007_10475940.jpg

a0345007_1048203.jpg

エゾノリュウキンカの奥にアイヌのチセ(住居)
a0345007_10485024.jpg

ショウジョウバカマ
a0345007_10491253.jpg

サンショウウオ?の卵
a0345007_10493245.jpg

バイケイソウ群生。エゾシカの食害による痛々しい木肌が見える。
a0345007_1050628.jpg

エゾエンゴサクの道
a0345007_10502797.jpg

a0345007_1051630.jpg

白のエゾエンゴサク
a0345007_10514337.jpg

エゾイチゲ
a0345007_1052456.jpg

エゾヒメギフチョウ
a0345007_10522440.jpg

山頂展望台から旭川市内(眼下に石狩川)大雪山と十勝連峰は山すそしか見えず・・。
a0345007_10524975.jpg


3 浦臼神社
エゾリスで知られている浦臼神社境内。午後4時過ぎでエゾリスは居ないと諦めていたら、偶然“登場”  「ありがとうエゾリス君!」
a0345007_11391866.jpg

眼下に鶴沼公園
a0345007_11395818.jpg

神社境内はエゾエンゴサク,カタクリが満開
a0345007_11402188.jpg

a0345007_1140509.jpg

a0345007_11412084.jpg

a0345007_11414916.jpg

イチイの木でクルミを食べているエゾリス。
a0345007_11421047.jpg

木から降りてきて様子をうかがっている・・。
a0345007_11423249.jpg

花見をしながら食事・・?!
a0345007_1143056.jpg

a0345007_1143585.jpg

a0345007_11433547.jpg

a0345007_11443433.jpg

a0345007_11441490.jpg

再びイチイの木に戻ってもクルミを頬張っている ”食いしん坊のエゾリス”
a0345007_11445229.jpg






[PR]
by isachan17 | 2017-04-30 12:00 | Comments(0)
10日ぶりの三角山は雪がほとんど消え、暖かい陽射しを浴び、春の妖精(スプリング・エフェメラル)が可憐な姿を見せている。

夏姿の登山口
a0345007_19564792.jpg

二の坂
a0345007_19591825.jpg

「こぶし平」 雪がきれいに消え、キタコブシが満開!
a0345007_19593965.jpg

a0345007_200441.jpg

「二人静の散歩道」ルートも夏道に・・。
a0345007_2002265.jpg

山肌いっぱいのエゾエンゴサク
a0345007_2004224.jpg

春の花を探しながらの登り・・。
a0345007_2014111.jpg

「二人静の散歩道」展望個所
a0345007_2021585.jpg

「九の坂」から四阿へは雪道・・。
a0345007_2035539.jpg

静かな山頂。  遠くの眺望はない・・。
a0345007_2041386.jpg

暖かい陽射しを浴び、大倉山への稜線歩き。
a0345007_2044079.jpg

大倉山ベンチから奥三角山  雪が見える砥石山(右)
a0345007_205453.jpg

奥三角山近くの宮の森シャンツエ、藻岩山
a0345007_2063464.jpg

遠くに神威岳、百松沢山
a0345007_2065179.jpg

陽だまりにタンポポ一輪
a0345007_2055548.jpg

小さなスミレも一輪
a0345007_20553041.jpg


近づく奥三角山
a0345007_2072383.jpg

奥三角山直登ルートに取付く
a0345007_2075088.jpg

右側に小別沢へのルート
a0345007_2081411.jpg

奥三角山。カラスの門番?
a0345007_2083967.jpg

眼下に雪が消えた円山、市内中心部
a0345007_20135296.jpg

砥石山とバンケイスキー場
a0345007_2038277.jpg

陽気に誘われ早くも現われたチョウ。
a0345007_20383011.jpg

直登ルート上部に残雪があり、下り要注意。(上部から見下ろす)
a0345007_20521660.jpg

残雪のそばにツルシキミの蕾
a0345007_20555917.jpg

雪がタップリの手稲山
a0345007_20394419.jpg


✿✿✿ 咲いていた「スプリング・エフェメラル」✿✿✿
キクザキイチゲ  八重咲き(下)
a0345007_20423970.jpg

a0345007_2043349.jpg

フクジュソウ
a0345007_2040752.jpg

エゾエンゴサク
a0345007_20415832.jpg

エゾエンゴサクとフクジュソウ
a0345007_2032960.jpg

ピンク色のエゾエンゴサク
a0345007_20365.jpg

ヒメイチゲ
a0345007_20405621.jpg

キバナノアマナ
a0345007_20412434.jpg

ナニワズ
a0345007_19574721.jpg



*「スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)」とは
春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称。春植物ともいう。直訳すると「春の儚いもの」「春の短い命」というような意味で、「春の妖精」とも呼ばれる。(wikipedieより)



[PR]
by isachan17 | 2017-04-27 19:57 | Comments(0)
昨年は4月25日、28日に満開のカタクリの花を楽しんだが、今年はカタクリ、フクジュソウ、エゾエンゴサク等、全ての開花が遅れ寂しい花の山・・。

最初に現れたのはエンレイソウ
a0345007_16211268.jpg

一面カタクリの花で覆われる斜面だが、今は枯葉でいっぱい・・。
a0345007_16232610.jpg

フクジュソウが咲きはじめている。
a0345007_16322873.jpg

a0345007_16234759.jpg

a0345007_16242257.jpg

a0345007_16244426.jpg

エゾエンゴサクも少ない・・。
a0345007_16225910.jpg

a0345007_16251684.jpg

枯葉の中から顔を出しているカタクリの蕾。
a0345007_16255117.jpg

a0345007_16261646.jpg

a0345007_16263923.jpg

a0345007_16275448.jpg

所々に早咲きの花が見られる。
a0345007_163137.jpg

a0345007_16312942.jpg

a0345007_1631493.jpg

鳥の声は聞こえるが。・・姿を見たのはこれだけ・・。
a0345007_16214638.jpg

a0345007_1629747.jpg

a0345007_16292980.jpg

樹間から遠くに無意根山(右)、中岳方向
a0345007_16283958.jpg


[PR]
by isachan17 | 2017-04-26 16:40 | Comments(0)
公園はまだ肌寒いが、木々の蕾が開きはじめ春の訪れを感じる。温室内で「サクラソウ美術館」が開催されている。

サイロ展望台付近
a0345007_8282524.jpg

展望台からの眺望  リリートレインの走行が始まっている
a0345007_8363029.jpg

遠くにピンネシリ
a0345007_8335638.jpg

GWに開花が楽しめそう・・。
レンギョウ
a0345007_8322738.jpg

キタコブシ
a0345007_833126.jpg

ソメイヨシノ  20日前の硬い蕾が丸みを帯びている
a0345007_8313667.jpg

頭上でシメ?のカップルも開花を待っている・・。
a0345007_8343093.jpg

緑のセンター「サクラソウ美術館」展示のサクラソウ いろいろ・・。
a0345007_2081488.jpg

a0345007_20121893.jpg

a0345007_207174.jpg

a0345007_20142833.jpg

a0345007_2071978.jpg

a0345007_206309.jpg

a0345007_18193685.jpg

a0345007_2033463.jpg

a0345007_205239.jpg
a0345007_205462.jpg

a0345007_2015434.jpg

a0345007_2061393.jpg

a0345007_20102015.jpg

a0345007_2073761.jpg

a0345007_15572848.jpg

a0345007_20104918.jpg
a0345007_20113822.jpg

a0345007_20131447.jpg
a0345007_2014932.jpg


[PR]
by isachan17 | 2017-04-23 20:02 | Comments(0)
マクンベツ湿原のミズバショウは見ごろ。近くの「はまなすの丘」も訪ねるが、浜風が冷たく花の季節はまだ先のようである

石狩川河口にあるマクンベツ湿原入口。 木道(400m)は川岸まで続いている。
a0345007_20191336.jpg

ハンノキの木立に咲くミズバショウ。
a0345007_2024330.jpg

a0345007_9562314.jpg

a0345007_2021376.jpg

活き活きした大きなミズバショウ。
a0345007_2031070.jpg

a0345007_203253100.jpg

星置緑地のものと比べると花が2~3倍大きい・・。
a0345007_2052323.jpg

a0345007_20361566.jpg

a0345007_203742.jpg

ハンノキの林を抜けると晩秋を思わせる葦原(ヨシハラ)が広がっている。
a0345007_2038593.jpg

葦原で鳥が鳴いているが姿は見えず、ようやく見つけた一羽。 拡大写真(右)
a0345007_10251493.jpg

葦原の終点は石狩川。遠くに神居尻山(左)、ピンネシリ(右)
a0345007_2040176.jpg

幌天狗(左)、群別岳(中)、奥徳富岳(右)
a0345007_2041059.jpg

マクンベツ湿原の遊歩道に咲くネコヤナギ。
a0345007_20415925.jpg

堤防には 春を告げる「つくしんぼ」がすくすくと・・
a0345007_2043282.jpg


マクンベツ湿原をあとに早春の「はまなすの丘」へ。  花はまだまだ早い・・。
a0345007_20451922.jpg

1957年映画『喜びも悲しみも幾歳月』の感動シーンがよみがえる・・。
a0345007_20441659.jpg

はまなすの世代交代を垣間見る・・。 昨年の実と今年の新芽・・。
a0345007_20464755.jpg

遠くに雪をかぶった山が・・。幌天狗(左) 群別岳(中) 奥徳富岳(右)
a0345007_20495978.jpg

神居尻山(左)、ピンネシリ(中)、隈根尻山(右)
a0345007_20491832.jpg



[PR]
by isachan17 | 2017-04-21 20:54 | Comments(0)
登山口は雪が解けはじめているが、こぶし平から上はたくさんの雪が残っている。雪が消え、山肌が少し出た所で花を探す・・。

人が少なく静か午後の登山口。
a0345007_17215075.jpg

雪が消えた二の坂 
a0345007_1722465.jpg

枯葉の中からキクザキイチゲ(二の坂)
a0345007_17233979.jpg

a0345007_17231574.jpg

こぶし平からは雪がタップリの道! 今日は長靴歩きが正解!
a0345007_1725079.jpg

土が出た斜面で花探し・・。
a0345007_17255671.jpg

「有った!」 今年初めてのエゾエンゴサク
a0345007_17313752.jpg

a0345007_1728434.jpg

エンレイソウ
a0345007_1728241.jpg

フクジュソウ
a0345007_17264927.jpg

久しぶりに見るネコヤナギ
a0345007_17293582.jpg

4月1日に急斜面で見つけたフクジュソウはまだ健在!
a0345007_17304638.jpg

頭上で早くもキタコブシが咲き始めている!!
a0345007_17315967.jpg



[PR]
by isachan17 | 2017-04-16 17:44 | Comments(0)
昨日、今日は気温18~19℃で初夏の陽気になった。一昨日の降雪と低温(4℃)が信じられない変わりようである。 暖かい陽気で星置緑地の花が咲きはじめている。

雪が一週間ですっかり消えている、・・。
a0345007_8322982.jpg


咲きはじめたミズバショウ。
a0345007_954073.jpg

a0345007_10135044.jpg

a0345007_1014783.jpg

水面に映る木々も春らしい・・。
a0345007_956447.jpg

a0345007_9543791.jpg

a0345007_9522686.jpg

a0345007_955356.jpg


a0345007_833664.jpg

a0345007_9581839.jpg

a0345007_9585573.jpg

たくさんのエゾアカガエルがにぎやかに春の賛歌・・!?。
a0345007_1042044.jpg

キクザキイチゲとコバイケイソウ?の蕾
a0345007_1012571.jpg

キクザキイチゲ
a0345007_1024921.jpg

a0345007_1022227.jpg


早咲きのエゾノリュウキンカ・・。
a0345007_1073436.jpg

フキノトウとコバイケイソウ?の蕾
a0345007_108568.jpg


陽気に誘われて近くの銭函海岸へ。
まだ雪がタップリの手稲山(左)、銭函天狗山(右)
a0345007_8312473.jpg



[PR]
by isachan17 | 2017-04-15 18:29 | Comments(0)
北海道新聞夕刊に今年の雪形フォトコンテスト募集記事が載っている。
掲載記事の雪形(エゾユキウサギ)で昨年、受賞できたが、今年も珍しい雪形に出会えればと思っている。


a0345007_16353838.jpg

[PR]
by isachan17 | 2017-04-14 16:24 | Comments(0)
昨日は気温18℃になり5月下旬の暖かい日。今日は一転、また10℃以下の寒さになったが、花開く季節がより近づいた。水芭蕉の開花が気になり星置緑地へ。

雪が多く まだ湿地帯を覆っている。
a0345007_20462638.jpg

マガモのカップルが凍った湿地帯を右往左往・・?
a0345007_20465121.jpg

雪が消えた場所のミズバショウの芽  花が咲くのが待ち遠しい・・。
a0345007_20504181.jpg

a0345007_20482536.jpg

早咲きのミズバショウを見つけた!
a0345007_2048150.jpg

エゾノリュウキンカのツボミが膨らんでいる・・。
a0345007_20491269.jpg


頭上でシメが冴えずっている
a0345007_205008.jpg

この賑やかなトリは・・?
a0345007_20502177.jpg

いつも一緒のマガモは水場でエサ探し・・? 
a0345007_20493872.jpg


[PR]
by isachan17 | 2017-04-07 20:58 | Comments(0)

山歩き等の記録


by 三角山