人気ブログランキング |

四季のぶらり山歩記 2

isa17.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

朝、家から砥石山方向がくっきり見えるすばらしい天気。

最近、天気に恵まれない山歩きが続いていたので久しぶりに「晴れオトコ」気分になれると、急きょ、盤渓山~奥盤渓山~三角山へ行く。

駐車場は晴天の割には 2台のみしかない。ワカンを背負って軽アイゼンで出発する。 青空がまぶしく感じるのは本当に久しぶり。春のような暖かい陽気で気持ちがよい。

盤渓山頂上に着くが晴霞で残念ながら遠くの景色は期待したほど見えない。(PM2.5の影響だった様子)少し休んで奥盤渓山へ 。短いが急な斜面を登り頂上に着く。 踏み跡はここまでで、その先は新雪が降ってトレースは無い。短い距離なのでワカンは履かずズボズボとぬかりながら三角山へ向かう。
三角山に着き昼食後、予定の砥石山は雪の状態から止める。下山は小林峠コースを戻ることにする。 新雪の山は入山者がないので小動物の足跡だけしか残っていない。変化のない下山路では足跡からどんな動物かを想像しながら下るのも楽しい(間違いなくクマの足跡でないのは安心で嬉しい)

長かった尾根道歩きを終え駐車場に到着。久しぶりに春の陽気が漂う山歩きを満喫出来た。


登り(1時間55分):駐車場⇒(1:00)盤渓山⇒(0:30)奥盤渓山⇒(0:25)三角山

下り(1時間50) :三角山(小林峠コース)(1:50)駐車場

a0345007_14273628.jpg










今朝の砥石山方向

a0345007_10465596.jpg














快晴のばんけい市民の森駐車場

a0345007_10481721.jpg













登山口から盤渓山(右)

a0345007_10500393.jpg














春のような暖かい陽ざし

a0345007_10505099.jpg













嬉しくなる真っ青な空!!

a0345007_10524694.jpg















盤渓山頂上

a0345007_10542581.jpg















頂上からの眺め

a0345007_10563752.jpg















札幌市街と藻岩山

a0345007_10592411.jpg
















砥石山、三角山、奥盤渓山


a0345007_11030721.jpg
















奥盤渓山へ

a0345007_11042031.jpg
















登り途中から盤渓山

a0345007_11053964.jpg
















奥盤渓山

a0345007_11062417.jpg















三角山へ

a0345007_11080533.jpg















ここからは動物の足跡だけ・・。

a0345007_11111323.jpg















小林峠ルート(左下)、三角山(正面)

a0345007_11134177.jpg















お馴染みの標識

a0345007_11155018.jpg
















a0345007_11164681.jpg
















スッキリ見えない藤野三山を眺めながら昼食

a0345007_11211379.jpg
















小林峠ルート下山

a0345007_11223299.jpg
















春の陽気がいっぱい

a0345007_11244373.jpg
















この上は奥盤渓山(右)から三角山(左)へのルート

a0345007_11300635.jpg
















おもしろい雪の塊り・・。

a0345007_11320073.jpg
















この足跡は・・?

a0345007_11325236.jpg






























T4分岐標識

a0345007_11360622.jpg















この足跡は・・?

a0345007_11372406.jpg
















a0345007_11380127.jpg
















白樺~♬、青空~♬♪

a0345007_11403766.jpg















白樺の紅い舌?「アッカンベェ~」!?

a0345007_11421850.jpg
















最後のピークを越えて・・。

a0345007_11432558.jpg















だいぶ遠くなった砥石山、三角山

a0345007_11441865.jpg
















ばんけい市民の森(左)と小林峠(直進)分岐


a0345007_11463279.jpg















ゴールは近い・・。

a0345007_11483805.jpg

駐車場着

a0345007_11501776.jpg




by isachan17 | 2019-02-28 10:28 | Comments(0)

阿部山、峰越山に登り送電線(迷沢山)ルートを経由して下山する予定で平和の滝登山口を発つ。固い踏み跡があるのでワカンを背負って軽アイゼンでスタート。天候は雪が降ったり止んだりで視界が無い悩ましい空模様。峰越山に着いた頃から雪が酷くなり、送電線方向は吹き上げる強風の様子なので来た道を戻り阿部山経由で下山する。天候のよいときに再度チャレンジしたいと思っている。

ちなみに峰越山(標高858.5)は国土地理院の「峯越」の三等三角点。


登り(2時間55分):登山口⇒(1:35)阿部山⇒(1:10)峰越山

下り(1時間50分):峰越山⇒(1:00)阿部山⇒(0:40)登山口


a0345007_08251840.jpg













小雪舞う登山口

a0345007_12513815.jpg














a0345007_12523047.jpg















スノーブリッジはまだまだ大丈夫・・?

a0345007_12531178.jpg














a0345007_12535042.jpg














阿部山着 雪が少ない!

a0345007_15214723.jpg













峰越山へ向かう

a0345007_15225096.jpg













雪庇に気をつけて・・。

a0345007_12565095.jpg













視界が少し良くなり峰越山が現れた!

a0345007_12575065.jpg















再び風雪が強くなった

a0345007_13085900.jpg
















峰越山到着   2つの標識がある

a0345007_12592598.jpg















a0345007_13024226.jpg
















予定の下山ルートは強風雪で視界もないので阿部山経由で戻る。

a0345007_15501926.jpg

 















a0345007_15490231.jpg















下山。風雪が強く視界が悪い。

a0345007_15442656.jpg















阿部山着

a0345007_15395133.jpg



                












登山口着

a0345007_15431001.jpg


by isachan17 | 2019-02-24 11:40 | Comments(0)

スノーモンスター(樹氷)に会いに朝里岳「飛行場(通称)」へ行く。昨年はホワイトアウトで無念の途中撤退でモンスターに会えずじまいだった。今日も朝里岳方向からゴーゴーと風の音が聞こえ、昨年と似た感じでイヤな予感がするが、強風でも視界があるので行ける所まで行くことにする。

強い向かい風が吹き荒れて歩行が厳しいホワイトアウトにならず頂上に着いた。2年ぶりに地吹雪の「飛行場」で多くのモンスターと再会することが出来た。強風だが余市岳、無意根山も見える。

晴れの穏やかな天気なら羊蹄山が見える所まで行くつもりでいたが今日の状態は危険ので中止する。間もなく姿を消すモンスターに別れを告げ下山する。


a0345007_11050510.jpg














麓の札幌国際スキー場

a0345007_11063356.jpg















山頂駅。強風だが樺戸の山々が見える。

a0345007_11084984.jpg














朝里岳方向からゴーゴーと風の音が聞こえる

a0345007_11102867.jpg














林の中は少し風の音が静か・・。

a0345007_11212947.jpg













目印の「岳樺に蝦夷松」

a0345007_11170557.jpg














強風の「飛行場」入口付近

a0345007_11235296.jpg













「よーこそ モンスターワールド」へ

a0345007_11252124.jpg














門番のモンスター?

a0345007_11260441.jpg














シュカブラの向こうに巨大モンスター

a0345007_11293472.jpg













孤高の巨大モンスター

a0345007_11312909.jpg














a0345007_11325899.jpg














余市岳

a0345007_11344671.jpg













モンスターワールド

a0345007_11360876.jpg













モンスターの行進

a0345007_11370750.jpg











さまよい歩くモンスター   無意根山

a0345007_11385074.jpg













a0345007_11444812.jpg















a0345007_11453636.jpg













a0345007_11461327.jpg













モンスター以外は自分だけ・・。チョット不気味・・・。

a0345007_11475851.jpg














頂上標識

a0345007_11483554.jpg














遠くに暑寒別の山々

a0345007_11502599.jpg












地吹雪が酷くなってきた

a0345007_11513215.jpg













a0345007_11520076.jpg














ホワイトアウトにならないうちに下山

a0345007_11530138.jpg














また来年会おう!

a0345007_11553105.jpg














スキー場に無事戻る

a0345007_11541335.jpg



by isachan17 | 2019-02-20 11:03 | Comments(0)

冬のまつりを楽しんだ1週間が終わり、久しぶりの山歩きで奥手稲山へ行く。

札幌は25日から11日間続いた「真冬日(最高気温が氷点下)」が14日に終ったせいか、登山口での準備も素手であまり寒くない。
入山者がまだいない登山口をラッセルして出発するが、途中で後続の若者グループ、元気な若い女性組が先頭を交代してくれる。(感謝!)
奥手稲沢沿いの途中から西尾根へ続く急な斜面を登りきると疎林の広いなだらかな西尾根に出る。 曇り空が青空に変わり暖かくなってきた。
周りの巨木の大きなおもしろい雪の塊りを楽しみながら進んでいくと頂上に着く。
眺望は眼下に銭函天狗山が見える程度であまりよくない。青空が消え雪が降ってきて寒くなったので下山する。

登り 2時間55分  下り 1時間55分

a0345007_16034284.jpg











登山口を発つ
a0345007_16053931.jpg
















春香山小屋  雪で頭が重い・・・
a0345007_16084316.jpg















ラッセルで進む
a0345007_16103073.jpg
















後続の二組と交代でラッセル
a0345007_16120062.jpg
















西尾根分岐付近
a0345007_16132591.jpg
















西尾根への急斜面
a0345007_16152173.jpg
















西尾根に出ると青空が広がってきた
a0345007_16162895.jpg
















暖かい広くなだらか疎林・・。
a0345007_16194477.jpg
















奇妙な雪の塊りを楽しみながら進む
a0345007_16210766.jpg















木にしがみついている・・!?
a0345007_16230321.jpg

















a0345007_16234989.jpg
















巨木
a0345007_16250672.jpg
















雪のモアイ像?
a0345007_16255477.jpg






























a0345007_16270230.jpg

















奥手稲山頂上着
a0345007_16282101.jpg
















眼下の銭函天狗山と日本海。 寒くなったので下山
a0345007_16295996.jpg
















遊びながら下山
a0345007_16335552.jpg

















ゴールは近い・・。
a0345007_16362790.jpg
















下山
a0345007_16372482.jpg





by isachan17 | 2019-02-17 11:31 | Comments(0)

層雲峡で開催中の「第44回氷瀑まつり」へ札幌から日帰りバスで行く。
今年のメイン氷像は大きな「大雪山」をイメージして作られている。
大雪山をイメージしている氷像の中は巨大な氷の柱が立ち並ぶ長~いトンネルで、七色の光でライトアップされた氷の柱は美しく輝いている。
トンネル中は迷路の世界のようで楽しいが、外に出られるのか不安な気にもさせられる。

氷瀑まつりは七色の光に浮かび上がる美しい氷像が見られる夜が一番よいのだが、

日帰りの悲しさで日中は 色鮮やかな氷像がわずかしか見られず少し残念でした。

でも、今年もさっぽろ雪まつりから今日の氷瀑まつりまでの冬のまつりをたっぷり楽しませてもらった。


氷瀑まつり会場はすぐそばです。

a0345007_20271643.jpg














会場全景

a0345007_20275029.jpg















a0345007_20282379.jpg















会場へ
a0345007_20293027.jpg














会場内
a0345007_10251567.jpg














a0345007_10261622.jpg














氷像の中に入ります
a0345007_10310818.jpg















頭をぶつけないように・・
a0345007_10342197.jpg














a0345007_10350493.jpg














七色の光に照らされる氷柱
a0345007_10360226.jpg















a0345007_10363258.jpg















a0345007_10370793.jpg















いったん外に出る
a0345007_10385241.jpg














アイスクライミング体験中
a0345007_10395494.jpg















a0345007_10402898.jpg















氷瀑神社
a0345007_10412470.jpg














氷の神玉
a0345007_10423014.jpg














氷の酒場
a0345007_10460357.jpg














熱燗が欲しくなる・・
a0345007_10465444.jpg














再び氷像内へ
a0345007_10481715.jpg














a0345007_10492077.jpg














a0345007_10495945.jpg














a0345007_10504018.jpg














a0345007_10511632.jpg














a0345007_10525112.jpg














a0345007_10533840.jpg














a0345007_10552440.jpg

by isachan17 | 2019-02-15 20:25 | Comments(0)
小樽「雪あかりの路」を後にバスで千歳経由(高速道路)で次の支笏湖へ向う。

午後7時40分頃に支笏湖温泉に着く予定が温泉の手前7~8㎞位から氷涛まつりに行く車で 大渋滞になり、約1時間30分遅れて9時過ぎに到着。
氷涛まつりには何度も来ているがこれほどの大混雑は初めてで驚く。 会場ライトアップは渋滞で遅く来た観光客が多いので今夜は午後11時まで延長されている。

会場内には水質日本一、透明度3番目の支笏湖のきれいな水で作られた「青のトンネル」、「レッドタワー」、「ブルータワー」、「苔の洞門」、「ビッグマウンテン」、「ブルーシャトー」、「シャンデリアドーム」等、 大小様々な氷のオブジェがライトアップされて美しく輝いている。

午後10時にバスが出発するので1時間足らずで会場を急いで回る。短い時間、寒さを忘れて色鮮やかな幻想的な世界を楽しんだ。
ただ、行きの大幅遅れが影響して札幌に午後11時20分に戻ったが疲れた。

a0345007_17175648.jpg














気温 氷点下10℃
a0345007_17203301.jpg














ウエルカムゲートから「青のトンネル」
a0345007_17220841.jpg















a0345007_17223752.jpg















a0345007_17230464.jpg















トンネルを抜けると大きな氷の塔
a0345007_17271900.jpg














レッドタワー
a0345007_17282311.jpg














ブルータワー
a0345007_17285917.jpg















「ブルーウエーブ」 打ち寄せる波をモチーフに・・
a0345007_17302875.jpg














a0345007_17305161.jpg

















a0345007_17314388.jpg
















a0345007_17321944.jpg















「ビッグマウンテン」
a0345007_17351235.jpg














ビッグマウンテンに登る
a0345007_17395544.jpg














眼下に氷涛神社
a0345007_17403186.jpg















「チャイルドリンク」で遊ぶ子供たち
a0345007_17423509.jpg















a0345007_17442297.jpg













「ブルーシャトー」への氷の階段
a0345007_17455221.jpg














a0345007_17470408.jpg














a0345007_17462297.jpg















氷涛神社
a0345007_17475579.jpg















a0345007_17490889.jpg














「苔の洞門」
a0345007_17503451.jpg














a0345007_17505896.jpg















a0345007_17520345.jpg














氷族館
a0345007_17530784.jpg















a0345007_17540908.jpg















a0345007_17534793.jpg














「シャンデリァドーム」
a0345007_17550556.jpg














a0345007_17554863.jpg














a0345007_17562592.jpg


by isachan17 | 2019-02-12 17:14 | Comments(0)
小樽市「第21回雪あかりの路」(手宮線、運河の2会場)と千歳市支笏湖「第41回氷涛まつり」にバスツアーで行く。
小樽市の「手宮線会場」はまだ明るく、日が暮れるのを待つとローソクの灯りが静かに灯り「雪あかりの路」の始まりです。
ロウソクの灯りに照らされた手作りのスノーキャンドル、ミニ雪ダルマ、氷の押し花、ロウの花、 ワックスボール等の作品がほっこりする気持ちにさせてくれます。
もう少し暗くなるまで居たいけど時間の関係で「運河会場」へ移動。 運河周辺は手宮会場と大違いで観光客で溢れ、スムーズに歩けないほどの大混雑でせっかくのほっこりした気分が吹っ飛んでしまった。 早々と騒々しい運河を離れ次の目的地支笏湖に向かう。

手宮線会場
a0345007_16531419.jpg















a0345007_16553913.jpg















a0345007_16561247.jpg














a0345007_16564498.jpg














a0345007_16571741.jpg














a0345007_16574367.jpg















a0345007_16580936.jpg














a0345007_16590569.jpg














a0345007_16593504.jpg















a0345007_17000603.jpg














薄暗くなって明かりが映える
a0345007_17004298.jpg














a0345007_17015455.jpg














a0345007_17022619.jpg
















運河会場  浮き球キャンドルの運河
a0345007_17032259.jpg












a0345007_17035352.jpg















アイスキャンドル
a0345007_17042104.jpg














a0345007_17054770.jpg















a0345007_17061558.jpg















a0345007_17064125.jpg
















a0345007_17070593.jpg















a0345007_17082253.jpg















観光客で溢れて大混雑
a0345007_17085736.jpg


by isachan17 | 2019-02-11 16:38 | Comments(0)
冬の中で最も寒い2月。厳しい寒さに負けず雪や氷を楽しもうと全道各地で冬のまつりが行われている。 札幌では「第70回さっぽろ雪まつり」が1月31日から「つどーむ会場」、2月4日から「大通り、すすきの会場」で開かれ、8日から中島公園で「第13回ゆきあかり」が始った。
40年ぶりに札幌の最高気温が零下10℃以下の厳しい寒波がきている中、昨日今日と中島公園「ゆきあかり」、雪まつり「氷像:すすきの会場」、「雪像:大通会場」を見学した。中島公園「ゆきあかり」で手作りスノーキャンドルの灯りにほっこりした気持ちにさせられ、「雪まつり すすきの会場」の氷像、「大通会場」の大雪像、市民参加の雪像、国際雪像コンクール雪像と様々な雪の芸術作品に魅了された。 特に大雪像に映し出されるプロジェクションマッピングの不思議な映像と音響には寒さを忘れさせてくれた。

中島公園ゆきあかり
a0345007_11405370.jpg















紙コップキャンドル
a0345007_11430617.jpg















a0345007_11451085.jpg















手作りアイスキャンドル
a0345007_11475740.jpg























a0345007_11490411.jpg















アイスキャンドルの道
a0345007_11494937.jpg
















a0345007_11511837.jpg














a0345007_11515804.jpg















国指定重要文化財「豊平館(ほうへいかん)」
a0345007_11533592.jpg















寒い! 氷点下14℃
a0345007_11550021.jpg















雪まつり すすきの会場(氷像)
a0345007_12301653.jpg














a0345007_12304615.jpg














a0345007_12311732.jpg














a0345007_12315845.jpg



























a0345007_12324030.jpg
















a0345007_12331492.jpg
















a0345007_12355081.jpg














a0345007_12362370.jpg














a0345007_12365976.jpg














氷族館 タラバカニ! おいしそう・・。
a0345007_12383461.jpg















a0345007_12390723.jpg














雪まつり 大通会場    プロジェクションマッピング
「北海道を駆ける!サラブレッド」
a0345007_12475902.jpg














a0345007_12483084.jpg















a0345007_12492084.jpg














a0345007_12495477.jpg














台湾 玉山と高雄駅 
a0345007_12523665.jpg
















カゼを引かぬように・・。
a0345007_12543380.jpg













~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~
a0345007_12571952.jpg














a0345007_12574804.jpg














a0345007_12581926.jpg














a0345007_12585893.jpg














a0345007_12592808.jpg














ヘルシンキ大聖堂
a0345007_13024077.jpg

















JR北海道 ~今日も走るレッドベア(貨物機関車DF200)~
a0345007_13052186.jpg















a0345007_13055642.jpg















白いスター・ウオーズ2019
a0345007_13081171.jpg
















a0345007_13084035.jpg
















国際雪像コンクール 優勝 タイ
a0345007_13114945.jpg
















準優勝 マカオ
a0345007_13124482.jpg
















第3位
a0345007_13153697.jpg
















第4位
a0345007_13160918.jpg







by isachan17 | 2019-02-09 11:18 | Comments(0)

冬日続きの寒い日が続いていたが、今日は朝から青空が広がり暖かい天気。今冬、初スノーシューで低山でも眺望がよい盤渓山へ行く。雪が締まってツボ足でも大丈夫だが足慣らしのためにスノーシューで歩く。久しぶりの山の空気はいつもと同じでおいしい! 暖かい頂上で景色をノンビリ楽しみ下山する。

天気がよいので砥石三角山まで足を延ばしたかったが時間の関係で次回にする。


バンケイ市民の森駐車場から登山口へ

a0345007_12074689.jpg















スノーシューを履き出発

a0345007_12105872.jpg















頂上に出る

a0345007_12125361.jpg















盤渓山頂上

a0345007_12140379.jpg















頂上の「孤高の一本松」

a0345007_12154916.jpg
















頂上からの眺望  藻岩山、札幌中心部

a0345007_12170713.jpg
















西区 三角山方向   眼下にバンケイスキー場頂上(三菱山)

a0345007_12310908.jpg
















a0345007_12341404.jpg















近くの神威山、烏帽子岳、百松沢山

a0345007_12400651.jpg

















隣の砥石山(三角山)、奥盤渓山

a0345007_12470831.jpg
















遠くの手稲山をアップ

a0345007_12484448.jpg















下山途中に見つけた「カバノアナタケ」

a0345007_12492684.jpg

               


by isachan17 | 2019-02-05 12:51 | Comments(0)